#T2Trainspotting #T2トレインスポッティング ワールド・プレミア開催レポート

スコティッシュ作家アーヴィン・ウエルシュ原作の映画「トレインスポッティング」。約20年のときを経てオリジナルキャスト、制作陣が集結した続編「T2 トレインスポッティング」がついに2017年1月27日に英国で公開となります。 (日本公開は2017年4月6日!)

「トレインスポッティング」は地元の人々にとってとくに思い入れが深い映画です。一つの理由にこの映画の映像と音楽、そしてリアリティをスコットランドならではの皮肉と笑いで描き出す事により、スコットランドのイメージを「トレンディ」「かっこいい」に変えた事にあります。ですから続編の制作発表、そしてロケ撮影、および公開のすべてにおいて地元では大きな盛り上がりを見せてきました。

1月22日に行われたエディンバラでのワールド・プレミアは、まさに街のお祭り。日曜日の夕方という誰もが参加できそうな時間に開催されました。

レッドならずオレンジカーペットで、まるでロンドンやNYのプレミアのような大々的な規模に、地元民びっくり(笑 この規模は初めてではないでしょうか。

各出演者は本当にフレンドリーで丁寧で親切で、ファンと報道陣合わせたら1000人は下らない(多分。前代未聞の集まり方でした)というのに、1人1の声に耳を傾けてくれ、一緒に写真をとってくれたりコメントしたりサインをしたり。時間がおしているにもかかわらずにこやかに対応しているキャストと監督の皆様に感動しました。

「ラフ・カット(粗編集)は随分前に観たけれど、完成した映画はこのプレミアで初めてみるので本当に楽しみでワクワクしている」とユアン・マクレガーがインタビューで語っていました。ケリー・マクドナルドも「同窓会の気分!」と話していたように、その丁寧なプレミアでの対応から、キャスト&制作陣の特別な思いが伝わってきました。

映画の評判も高評価ばかりですし、本当に公開日が楽しみです!

 

Geek’s Guideでは、原作&映画「トレインスポッティング」ゆかりの地&スコットランド戦後社会史を探訪するツアーを催行しています。(日本語&英語)詳しくは http://www.geeksguidetoscotland.com/trainspottingprivate をご参照ください。