#T2Trainspotting #T2トレインスポッティング 映画登場のスコットランド・アイテム紹介①

***スポイラー・ネタバレはありません。ご安心ください***

各紙各国から絶賛の嵐の「T2トレインスポッティング」。日本全国が4月6日の日本公開を心待ちにしていられるかと思います。
ワタクシも、英国公開初日1月27日、オリジナルの「トレインスポッティング」のプレミアが開催されたCameo Cinemaにて鑑賞。上映前に特別この映画館だけのために捧げたダニー・ボイル監督からのメッセージクリップが流れ、やはりここを選んでよかった!と思いました。鑑賞後は、感動のボロ泣きが止まらず…でした。

「T2トレインスポッティング」は、原作トレインスポッティング3部作(トレインスポッティング、ポルノ、スカッグ・ボーイズ)の「ポルノ」をゆるく基盤にしている、という話ですが、原作とは異なるタイムラインで進むパラレル・ユニバースです。ですので、原作と関連作について何も知らずともオリジナルの映画さえ楽しんだり感動した経験があれば、充分楽しめます。

監督や俳優陣のインタビュークリップを観た方はご存知とは思いますが、この続編の大きなテーマの一つが「ノスタルジー」です。96年公開以降20年の時を経たからこそ作り出せたノスタルジー空間へファンが引き込まれていきます。つまり…ボロ泣きです。
オリジナルのファンのみなさんの期待、絶対に裏切らない内容です。

このポスティングでは「T2トレインスポッティング」のストーリーやシーンやセリフの解説などはネタバレ回避を目的に行いません。その一方で、意図的にスコットランドならではなアイテム商品がニクい(→死語?)形で登場するので、目立ったものを紹介したいと思います。あえてどのシーンで登場したかはお話しないので、鑑賞時に見つけてください! そしてスコットランドへご旅行にいらっしゃった際には、ぜひぜひ体験してください。

1. スコットランドのビール「Tennent’s」

世界中でスコットランドのアルコール、といえば”ウイスキー”のイメージのほうが強い傾向にありますが、じつはビールの歴史も古く、大変興味深いビール・カルチャーがあります。最近ではBrew DogやBlack Isleがよい成功例ですね。しかしT2で印象的な登場をするのは、こうした最近のおしゃれビールではなく、ライセンス取得前も合わせると450年以上の歴史を誇るスコットランドの長年の人気者、「Tennent’s」です。

15919295638_1212b20a0c_k

(C)Michel Curi 

1962年よりスタートしたLagar Loveliesシリーズ。数年の紆余曲折(*)ののち、91年に終了するまで数々の女性モデルをフィーチャーしたビール缶でも話題を作りづづけていました。(今では空き缶はアンティーク商品として4−9ポンドほどで売られています)

IMG_0574

グラスゴーにあるブルーワリーでは工場見学も可能ですよ!

*Geek’s Guideではビールの歴史探訪(エディンバラ市内おさんぽor/andグラスゴー)ツアーのアレンジをいたします。詳しくはcontact@geeksguidetoscotland.comへお気軽にお問い合わせください。

2. スコットランドの謎?のソフトドリンク「Irn-Bru」

Irn_Bru_Big_Summer_Can (c) By Andrew Duffell (Own work) [CC0], via Wikimedia Commons

スコットランドへいらっしゃったら絶対にお試しになっていただきたい鮮やかな合成着色料で染められたオレンジ色の炭酸ソフトドリンク、それがIrn-Bru(アイアン・ブルー)です。1901年以来スコットランドの人々の生活と一心同体。スコットランドではコカコーラではなくアイアン・ブルー!国民飲料といっても過言ではないです。過去数々の広告キャンペーンで様々な話題を呼んできたことでも有名です。You Tubeで探すと大変興味深い広告の数々が発見できます。以下はその一例。

とある印象的なシーンで登場しますので、ぜひお楽しみに!そしてぜひスコットランドに来たら飲んでくださいー!